5月についに舞台化!エヴァンゲリオンbeyondとは?最新情報まとめ

5月についに舞台化!エヴァンゲリオンbeyondとは?最新情報まとめ

アニメ、映画ともに放送されてから絶大な人気を誇っているエヴァンゲリオンシリーズ。そんなエヴァシリーズが舞台化され、「エヴァンゲリオンbeyond」として5月から公演されるようです。

そんな「エヴァンゲリオンbeyond」とはなにか、最新情報について紹介していきたいと思います。

エヴァンゲリオンbeyondとは?

「エヴァンゲリオンbeyond」は新宿歌舞伎町にある東急歌舞伎町タワーないにある劇場シアターミラノ座において公演されます。

東急歌舞伎町タワーとエヴァンゲリオンのコラボ企画である「EVANGELION KABUKICHO IMPACT」の一環として開催されるようです。

これまでのエヴァシリーズとの関連は?

「エヴァンゲリオンbeyond」ですがこれまでのエヴァシリーズとの関連はありません。

これまでのエヴァシリーズの登場人物である碇シンジなどは登場せず、新主人公として渡守ソウシが登場します。

完全オリジナルエピソードとなっており、これまでのエヴァシリーズを知らない人でも楽しめる内容になっているのではないかと思います。

エヴァンゲリオンbeyondのあらすじとは

「エヴァンゲリオンbeyond」は壊滅的な状況に陥った地球と生き残った人々を救うべく人類の切り札となる「エヴァンゲリオン」に搭乗する14歳の少年少女たち。そんな計画とつながりがある渡守ソウシは新たな悲劇を目にし、その真相を探るために特務機関の女性である瑞穂ユウに接触するといった話になっているようです。

エヴァンゲリオンbeyondの登場人物は?

前述したようにこれまでのエヴァシリーズとの関りはなく登場人物も一新されている「エヴァンゲリオンbeyond」にはどのような登場人物がいるのでしょうか?

主人公は渡守ソウシです。「エデア」で育ち「エデア」のリーダ的存在として活動しているようです。

また特務機関「メンシュ」の最高司令官の菅生マサツグ、菅生マサツグの下でエヴァンゲリオン開発に従事している瑞穂ユウ、エヴァンゲリオンパイロットチームの一人である蓮見タンがいます。

エヴァンゲリオンbeyondの最新情報!

これまでに発表されている「エヴァンゲリオンbeyond」の情報を紹介していこうと思います。

エヴァンゲリオンbeyondの登場人物を演じるのは?

主人公である渡守ソウシを演じるのは窪田正孝さんです。

窪田さんは俳優として多くのドラマ、映画に出演されていて演技力の高さも評価されています。舞台に出るのは2019年ぶりで約4年ぶりに舞台に出ることになります。

菅生マサツグをドラマ、映画などで主に悪役として活躍している俳優の田中哲司さん。瑞穂ユウを女優、ダンサーとして数々の舞台、映画、ドラマに出演されている石橋静河さん、蓮見タンを俳優の村上虹郎さんが演じます。

キャスト陣も豪華で非常に期待ができますね!

エヴァンゲリオンbeyondの構成、演出、振付を担当するのは?

本作の構成、演出、振付を担当するのはシディ・ラルビ・シエルカウイさんです。

シエルカウイさんは世界中から注目を集める振付師であり、舞台のほかにもバレエ、オペラ、歌劇などの振り付けなども行っています。

母国ベルギーではその功績をたたえられ国王から爵位の名誉称号を授与されており、現代の舞台芸術を引率している人物になります。

舞台チケットの情報は?

エヴァンゲリオンbeyondの公演チケットは2023年の4月2日(土)より一般販売が開始されます。講演会場は東京のミラノ座で、S席は13000円、A席は9500円になっています。

また東京以外にも長野県にて6月3日、4日にまつもと市民芸術館でも公演され、現在先行チケットの抽選が行われています。

まとめ

とても高い人気を誇るエヴァンゲリオンシリーズが舞台化した「エヴァンゲリオンbeyond」はこれまでのエヴァシリーズとの物語の関係はなく、完全なオリジナルストーリーになっていて、初めてエヴァを見る人にとっても楽しめるようになっていると思います。

またキャストも窪田正孝さんをはじめとても豪華なメンバーになっていてその演技力にも注目の作品です。

出演などを手掛けるシディ・ラルビ・シエルカウイさんも数々の受賞歴があり、世界でも認められている人物の一人でもあるのでそんな彼がエヴァンゲリオンの世界を作ったらどんなものになるのかもとても楽しみです。

本作品は5月6日から5月28日まで東京のミラノ座、6月3日と4日に長野県のまつもと市民芸術館にて公演されますので、気になった人はぜひエヴァンゲリオンbeyondのチケット情報を確認してみてください。