【2022年】田澤廉のネックレスのブランドや価格が気になる!

田澤廉のネックレス

箱根駅伝ではネックレスをつけて走っている田澤廉(たざわれん)選手。

田澤廉選手と同じネックレスを付けたいという人もいるでしょう。

  • 2020年
  • 2021年
  • 2022年

ちょっとずつ、違うネックレスをつけているようですが、いずれも『ファイテン』というメーカーのネックレスです。

ということで、今回は田澤廉選手がつけているネックレスについてご紹介します。

田澤廉が身につけたネックレスのブランドや料金

田澤廉

田澤廉さんは2021年12月4日、10000m走で歴代日本人学生最高記録を樹立し、翌年開催の世界陸上の参加記録を突破したことで話題になっています。

田澤廉さんのトレードマークと言えばいつも首に付けている2本の大きなネックレスでしょう。

とてもインパクトがありますよね!

どこのブランドのネックレスをしてるの?気になるんだけど…

そこで、田澤廉さんのネックレスのブランドや商品名、価格をご紹介したいと思います。

ネックレスのブランドは『ファイテン』です。

ちなみに田澤廉さんはいつも同じネックレスをしているわけではありません。

定期的に付けているネックレスが変わっているのですよ。

年代別に記載するのでご確認ください。

【2022年】のネックレス

田澤廉

2022年の箱根駅伝スタート後に更新致します。しばらくお待ちくださいね。

【2021年】のネックレス

田澤廉のネックレス

2021年
出典:numbers

ブランド ファイテン
商品名 炭化チタンチェーンネックレス
価格 45cm 24,200円
65cm 30,800円
ブランド ファイテン
商品名 チタン水晶ネックレス
価格 3mm/40cm 36,300円
50cm 44550円
5mm/40cm 27,500円
50cm 34,100円
8mm/40cm 42,350円
50cm 53,350円

【2020年】のネックレス

田澤廉

ブランド ファイテン
商品名 EXTREMEクリスタルタッチ
価格 18,700円

2020年箱根駅伝で付けていた2本のネックレスの赤い方が『EXTREMEクリスタルタッチ』です。
(『炭化チタンチェーンネックレス』は2020年、2021年ともに付けています。)

商品が分かったところで製造会社であるファイテンについてご紹介したいと思います。

ファイテン株式会社(Phiten)は京都府京都市中京区に本社を置く医薬部外品・化粧品・ヘアケア商品・スポーツ関連商品・健康食品・健康グッズ等の販売を行う会社である。

引用:Wikipedia

ファイテンは、金属をナノレベルで水の中に分散させる「水溶化メタル技術」を開発しました。

水溶化メタル技術により各種金属をナノレベルで水中に分散したものをネックレスに加工・販売していて、世界各国に100あまりの特許を取得しています。

知識のない一般人には難しすぎてよく分かりませんが、要は「特許を取得した磁気ネックレス」を販売していると言えばわかりやすいですね。

なお、ファイテンは駒澤大学の陸上部とタイアップして日常的にボディメンテナンスなどのサポートを行っています。

寮生活をしている選手にむけて寝具商品やマッサージ器、空気清浄機なども提供しているそうです。

田澤廉さんがネックレスを愛用していたのは、学校を通じてファイテンと深く関わりがあることも理由のひとつだったのです。

ファイテン株式会社(京都府京都市、代表取締役:平田好宏)は、駒澤大学陸上競技部「道環寮」にファイテン機器を導入し、ボディメンテナンス時のサポートを更に強化していきます。

引用:ファイテン公式サイト

[quads id=1]

田澤廉のネックレスは何か効果があるの?

田澤廉

では田澤廉さんが使用しているネックレスの効果はどうなのか…気になりますね。

先に述べたとおり、ファイテンのネックレスは特殊な加工が施された「磁気ネックレス系製品」になります。

磁気ネックレス系製品の効能について科学的には未だ解明されていないことが多いため、はっきりと効果を証明することはできません。

…できませんが…。

金属の持つ磁気エネルギーについては次の様にいわれています。

人間の体内にある生体電流(体の機能を動かしている微弱な電流)を整える効果がある

これを読んでもピンとこないですね(笑)

さらに分かりやすくいえば、金属が持つ磁気が身体に流れ、リラックスした状態を作りやすくするということなのだとか。

人間はいつもどこかしらに無駄な力がかかった状態で生活をしているわけで、筋肉にかかった余分な力が抜けてくれればリラックスできるということは理解できます。

アスリートはいつも肉体的にも精神的にもストレスを抱えてますし、リラックスできる環境作りはとても大切になりますよね。

そのため、田澤廉さんなど多くのアスリートからファイテンのネックレスが支持されているのでしょう。

参考までに着用者からのレビューをご紹介すると…

いつも痛かった膝の痛みが取れた!

長年苦しんだ肩こりが治った!

疲れやすかったのにいつもエネルギーがみなぎっている!

など結構すごいコメントが多かったです。

とは言え、これはファイテンのネックレスが直接作用しているわけではないのだそうで…。

あくまでも余分な力が抜けやすくなったことで改善された二次的なものであり、個人差があるということです。

ファイテン社も「直接的に症状や病気を治すということはない」と断言しています。

[quads id=2]

田澤廉のシューズやブレスレットも気になる!

田澤廉

田澤廉さんは他にも右手にブレスレッドをしていますね。

こちらは同じくファイテン社の『チタン水晶コンビブレス』という商品です。

サイズは3mm、4mm、5mm、7mmの4種類で価格は16,500円~22,000円。

なお、ネックレスは肩や首周りをリラックスさせ、ブレスレットは手首周りをリラックスさせるものとなっています。

全身全てに…というわけではないようなので留意しましょう。

田澤廉

他にも「田澤廉さんのランニングシューズが気になる!」という意見があったのでご紹介しておきます。

田澤廉さんは定期的にランニングシューズも変えて使用していますが、ブランドは『NIKE』一択です。

2021年1月の駅伝に着用していたのはNIKEの『アルファフライネクスト%』

駒澤大の田澤廉選手は「アルファフライネクスト%」を履いていた

引用:東洋経済

アルファフライネクスト%は、これまで日本人の足には合わないと言われていた厚底ソールを利用したもので、抜群のクッション力を持つランニングシューズです。

2021年の箱根駅伝でも全8区間の区間賞のランナー8人のうち6人がアルファフライネクスト%を着用していました。

使い方にコツが必要なものの、まるで靴にバネが入っているようなランニングシューズだそうです。

上手にコントロールしないと上に跳ねてしまいストライドを伸ばすのに活かせないというところがある。

価格は税込みで33,000円。

手軽に買えるものではありませんが、これまでのランニングシューズの常識を覆す履き心地…ということで気になりますね。

以上、田澤廉さんの付けているネックレスについて詳細をご紹介しました。

気になる方は一度チェックしてみるとよいですね!