株式会社斎藤佑樹は何をする会社?仕事内容は分からず見切り発車?

株式会社斎藤佑樹

2021年12月10日に、斎藤佑樹さんが株式会社斎藤佑樹を設立したことを発表しました。

ネット上では「何をする会社なの?」と話題でした。

開設直後のホームページには「思い」「連絡はこちらまで」「プライバシーポリシー」の3つが記載されるのみ。

何をするのかよく分からないですが、仕事内容がハッキリする前に見切り発車したのでしょうか。

理念としては野球界の問題を解決したいと考えているようですが‥

ということで、株式会社斎藤佑樹が何をする会社なのかを深堀りしていきましょう。

株式会社斎藤佑樹は何をする会社?

結論から言うと、野球界が抱える問題点の解決やサポートを会社として行っていきたいようです

ただし、具体的に何をするのか決まってはいない印象です。

斎藤佑樹さんはインスタで会社としてやっていきたいことを公表しました。

野球人生のなかで感じてきた問題意識のようなものがいくつもあるので、それに対してなんらかできることがないかを考えて、カタチにしていきたいと思っています。

引用:斎藤佑樹のインスタ

「〜と思っています。」とあり、具体的に何をするのか決まってない可能性が高そうです。

会社の目的は決まっているけど、具体的な事業の内容はふわふわしている状態でしょう。

ぜひ何かご一緒に。ご依頼はこちらへ。

アバウトな感じでお問い合わせフォームの誘導もありますが‥

何をするのかは会社を走らせながら考えていく印象です。

株式会社斎藤佑樹は何を解決する会社なのか

斎藤佑樹

斎藤佑樹さんは野球人生の中で感じた問題について、サポートなどができないかと考えています。

インスタでは問題の具体例を上げているのでご紹介します。

【具体例】

  • 選手やスタッフの働きやすさ
  • 野球観戦の楽しめる場作り
  • 野球選手のセカンドキャリア
  • 野球少年の育成
  • 野球と地域の関係性

野球人生のなかで感じてきた問題意識のようなものがいくつもあるので、それに対してなんらかできることがないかを考えて、カタチにしていきたいと思っています。
あくまで例えばですが、野球をする選手やスタッフの働きやすさだったり。野球を見る人たちがもっと楽しめる場づくりだったり。怪我と向き合うときのメンタルの管理だったり。野球をする小中高生の育成だったり。選手のセカンドキャリアだったり。地域との関係性だったり。
他にも僕がまだ気づいていない問題もたくさんあると思います。それらをより良くするためのアイデアを、さまざまな分野の人や企業の方々と組むことで見つけて、実現していくことを目指しています。
それによって、自分を育ててくれた野球を、より素晴らしいものにしていきたいです。

引用:斎藤佑樹のインスタ

「これがしたい!」というよりは「この問題を解決するなら手段にはこだわらない」という印象です。

株式会社斎藤佑樹を経営しながら、何をする会社なのかハッキリしていきそうです。

セカンドキャリア支援の例

斎藤佑樹

野球選手のセカンドキャリア支援の具体例をご紹介します。

2014年12月から開始した『イーキャリアNEXT FIELD』が例の1つですね。

引退したプロ野球選手と企業を繋ぐ就職支援サービスです。引退選手用のリクナビやマイナビみたいなものでしょうか。

ソフトバンクの関連会社と転職応援サイトの『イーキャリア』が共同で行う仕事です。

斎藤佑樹さん個人でここまで大規模なことができるのか不明ですが、仕事のイメージを沸かす事例にはなりますね。

 

【ツイッター】株式会社斎藤佑樹が何をするのか気になる声

 

株式会社斎藤佑樹=元『ユウ企画株式会社』

株式会社斎藤佑樹

株式会社斎藤佑樹は元々『ユウ企画株式会社』という会社でした。

会社の設立というよりは商号を変更して生まれたのが株式会社斎藤佑樹です。

ユウ企画株式会社は斎藤佑樹さんの親族が重役でした。

  • 2010年2月 設立
  • 2021年12月 商号変更

斎藤佑樹さんがプロ入りする2011年の1年前に設立されていますね。

税金対策の会社?

マネジメントの必要は無くなったから、会社を0からリスタートということでしょう。